« かき氷シロップ | トップページ | 小坂さんのあんずが入荷しています! »

2009年6月29日 (月)

梅干とシソジュース

ようやく梅を漬けることが出来ました。(えっ~今頃?といわれてしまいそうなくらい遅いですね)

冷蔵庫のチルド室に入れておいた梅がいい色になっていました。早く漬けてよ~と言っているようでした。

漬けたらなんと一日で梅酢が上がりました。

20090627_2257 去年から、梅はエンバランスの袋に入れて漬けています。

15%の塩でもかびることなく、とてもきれいに漬かります。

洗って拭いた梅をエンバランスの袋に入れて、塩を振りかけ、かめに入れ、そこに重石をします。

かめや重石には梅が直接触れることがありません。

我が家は一日中閉めきっているせいか、梅をつけるかめを熱湯消毒しても、酢で拭いても、ふたのところが白くかびることがあったのです。拭いてしまえばなんともないのですが、やっぱり気分が悪かったのです。

カビが怖くていつも塩を20%でつけていましたが、エンバランスを使うようになって15%~16%で漬けるようになりました。

2kgしか漬けられなかったので、あと2kgくらい漬けようと思っています。

今回は無茶茶園さんの梅と、吉野の梅を使いました。

あと2kgは群馬の梅がまだ入るようなので、そちらを使う予定です。実験で、重石をしないでカリカリ梅を作ってみようと思います。そちらの様子はまた後日ブログにUPしたいと思います。

岡本さんの赤シソが今年も取れるようになりました。

毎年シソジュースを作るのですが、岡本さんのシソはあくがなくて、あく取りが全く必要ないのです!きれいな澄んだ色のシソジュースができます。

岡本さんの赤しそは、予約ですでに一杯になってしまいました。

大平さんの赤しそが出ると思いますので、ぜひご予約ください。1束340円くらいです。

大平さんの赤しそもあくがなくて、いいシソです!

シソジュース作り方

●赤しそ・・・一束分 

●果糖・・・200g(粗精糖・メープルシロップ・羅漢果など甘味はお好みで)

●りんご酢・・・カップ1杯(すっぱいのがお好きな方はもう少し多めに)

●水1500ml

①シソの葉を茎からはずし、よく水で洗い、水気を切っておきます。(泥がついていることがありますので、ボウルに水を張り、何度か水を替えてよく洗ってください。)

②大き目の鍋に水を入れ、沸騰させます。沸騰したらシソの葉を入れ、5分ほど煮出します。(このとき、水の色は青い色です。葉も緑になります。)*写真参照*

20090627_2256 ③ザルなどですくって葉を取り出します。果糖を入れとかします。*果糖はすぐとけますが、粗精糖はとけにくいので、液が熱いうちによく混ぜてとかしてください。*

④りんご酢をいれます。ここで初めてシソのきれいな色になります。

⑤冷めたらビンなどに入れて、冷蔵庫で保存します。このとき茶漉しなどで漉すと、残っていたシソの葉や泥などの汚れも取れます。

***大体2倍に薄めて飲んでください。甘みが足りないときは蜂蜜などを入れて調節してください。***

できあがり20090627_2353 ♪サイダーで割るとものすごく美味しいです♪

私は今回は、果糖ではなく有機のオリゴシロップを300g使いました。そして、水を2000mlくらいで煮ました。りんご酢が180ccしかなかったので、あまりすっぱいシソジュースになりませんでした。

だから、薄めなくても原液でそのまま飲めるシソジュースに仕上がりました。氷を入れたら丁度いいくらいに出来ました。

この赤いきれいな色を見ているだけで、元気が出てくるような気がします。

« かき氷シロップ | トップページ | 小坂さんのあんずが入荷しています! »

当店会報誌 ~風の便り~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« かき氷シロップ | トップページ | 小坂さんのあんずが入荷しています! »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト