« ツバメのその後 | トップページ | 梅の受付終了しました。 »

地場野菜の放射線検査結果

P1020852


Dsc_0068_2


Dsc_0119


地場の野菜の収穫量が安定してきたものを放射線検査に出してきました。

(カッコ)内は検出限界値 この数値まで検査して検出なしでした。

●玉ねぎ 鎌倉市手広 大平さん 農薬化学肥料不使用 

セシウム134(1.52)セシウム137(1.74)

●じゃがいも(品種はトウヤ) 横浜市栄区 矢島さん 農薬化学肥料不使用 漢方農法 

セシウム134(1.28)セシウム137(1.45)

●エダマメ  三浦 長嶋さん 農薬化学肥料不使用 

セシウム134(1.71)セシウム137(1.93)

Dsc_0213Dsc_0113


こちらは地場野菜ではありませんが、ずっとお世話になっている新潟の飯塚農場さんのグループの方の野菜です。

いつも放射線検査費用をご負担してくださり、とても助かっています。

●アスパラ 新潟 美郷さん 農薬・化学肥料不使用

セシウム134(1.43)セシウム137(1.60)

●ブロッコリー 新潟田中さん 農薬・化学肥料不使用

セシウム134(1.43)セシウム137(1.60)

ブロッコリーは涼しい季節の野菜なのです。

努力の末、この時期も農薬・科学肥料不使用でブロッコリーを作ってくださっています。

ぜひお召し上がりください。

季節外れのブロッコリーは、中国などの輸入のものが多いのです。青々と毒々しいくらいのきれいなブロッコリーの場合、産地をご確認したほうがいいと思います。

農薬化学肥料に加え、輸入時にポストハーベストと言って輸送時の防虫・防腐のための強い農薬を使うので、注意が必要です。

日本ではポストハーベストを農薬としてでなく、食品添加物として認可するので、世界に比べて基準が甘いのです。





|

« ツバメのその後 | トップページ | 梅の受付終了しました。 »

放射線検査結果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ツバメのその後 | トップページ | 梅の受付終了しました。 »