« 商品の短命化 | トップページ | 夏こそ梅醤番茶 »

最近気になっていること。

大手に吸収されると、これまで原材料・放射線検査などへのこだわりが強かった業者さんでも安全基準が緩くなることがあるようだ。
これまでと同じように安心して仕入れができなくなる。
これはものすごく残念なこと。

原材料の産地や放射線検査の実施状況、検出限界値などを調べるのにもなかなか担当者につながらずものすごく時間がかかることがある。

それだけではない!自然食の卸業者さんの中には放射線の検出限界値が何を指すかもわからない人もいるのだ。

それから自社の商品を食べたり使ったりしない人も増えている。

それでその商品をいいですよとすすめてくるのはどうなんだろう。
私の方がよく知っている場合もよくある。
好奇心の差かもしれないけど…

|
|

« 商品の短命化 | トップページ | 夏こそ梅醤番茶 »

よこいのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 商品の短命化 | トップページ | 夏こそ梅醤番茶 »