« 自家製コンポスト | トップページ | グルテンフリーパンケーキミックス4種 »

2021年5月 3日 (月)

New圧力名人について補足

先日の当店会報誌~風の便り~でご案内したNew圧力名人のお問い合わせ多数いただいております。

誌面で書き切れなかったことを改めてご案内します。

 

内容重複する部分もございますがどうぞよろしくお願いいたします。

 

こちらがNew圧力名人です。

価格は72600円税込(税抜66000円)

 

ネットなどでいろいろ出ていますが、こちらが最新型になります。

韓国製の商品です。できれば国産が良かったですが、この鍋に関しては長年の研究の結果作られており、品質はとても良いと思います。

 

発芽玄米で炊けて、その後酵素玄米になります。

 

私が玄米を食べ始めて25年、なぜ酵素玄米を今頃始めたか?

 

遅い遅いですよといわれても仕方ありません。

これまで自分が納得できていなかったからなのです。

 

今回私の長年のなぜ?が解けたのでとうとう酵素玄米を始めることにしました。

 

~~~~~~

 

なぜ長い間私が酵素玄米について疑問を感じていたかというと・・・

少し長くなりますが書きます!

 

私が酵素玄米を知ったのは今からおよそ18年くらい前のことです。

当店のお客様に教えていただき、酵素玄米の講演会というかお話会にいったのです。

 

そこで今スタッフとして働いている藤巻がそのお話会に夫婦で参加しており、初めて出会ったのですが、そのときはまさか後日当店のスタッフになるとは思いもせず・・・。

 

そのお話会を主催していたのは男性の親子でした。

まず私がすぐに疑問を持ったのは、一升炊きをしなくてはならないこと。

一升炊きの平和圧力鍋と一升炊きの保温ジャーを購入しなくてはならないと、何で一升炊かなくてはいけないのか?その質問はスルーなのに、平和アルミの圧力の重り部分に宇宙からのエネルギーが集まるという答えが返ってきた。

 

こういうことがあるから自然食業界は変な目で見られるんだよね・・・と心底がっかりし、その瞬間私の玄米酵素への興味はシャットアウトされてしまったんですね。

 

そして、なぜ小豆と一緒に炊くのか?

それも曖昧な応え。

 

そしてそして何よりも酵素玄米を食べているというその講師の親子が全然健康的に見えなかったんですね!

 

う~んと思いながら、長年酵素玄米への興味はありつつも、その後もあまりしっくりしないまま月日が流れました。

 

その後やはりお客様から酵素玄米の良い鍋があると聞き、教えていただいたところ、玄米と小豆と酵素がセット販売されていて、玄米と小豆と一緒に酵素といわれる顆粒のものを一緒に炊くのだと・・・

 

それがなんなのか?実際使用している方も答えられずただ、これを入れて炊くと言われた・・・

 

う~んやっぱり怪しいよね・・・と思ってしまったのでした。

 

 

その後教えていただいた酵素玄米はとあるプレートを使うのですが、これがとっても高価で、それを使うとなぜ酵素玄米になるのかがいまいち私には理解できず購入に至らなかった。

 

 

 

そんなこんなでもう私は普通の玄米でいいか~とずっと思ってきました。

でも玄米にいつもいつもつきまとう「玄米の毒素について」これは解明していきたいと考えていました。

それでようやく自分で納得できたのです。

 

 

玄米の毒素として不安のある要素は2点

 

■フィチン酸・・・フィチン酸による(キレート効果)が体内のミネラル分と結合して体内から大切なミネラル分(鉄分・亜鉛など)をデトックスしてしまうという誤解。

 

すでに玄米の胚芽やぬか部分にはフィチン酸とミネラルがすでに結合した形で含まれているため、これ以上のミネラルと結合することがほとんどないのです。

玄米のフィチンという栄養素と、フィチン酸とが誤解されているようなのです。

 

玄米は食べて消化されてから「フィチン酸」へと変化し、体内の有害物質などを排出する働きがに変わりますが、元々ミネラル分を含んでいる物質なので排出しすぎるということはないそうです。

 

フィチン酸は大豆や穀物にも含まれているし、体内の有害物質を排出する働きは確かにあるため、決して排出しすぎるから良くないという誤解を解きたいものです。

 

 

 

■アブシジン酸・・・こちらは上記のフィチン酸と違い、実際に玄米が持っている毒素。

しかし毒素といってもゴボウのあくも毒素ですね。だけどポリフェノールでもある。

食べ物には良い部分と悪い部分は確かにあるのです。

 

世の中には良い食品があると必ず悪い部分を取り上げる風潮はあるようで、この悪い部分だけ見てしまうとその良い部分を見落としてしまうのではないかと思います。

 

アブシジン酸の毒について・・・玄米の種子に含まれる植物ホルモンです。これは玄米が動物などから食べられないよう自らを守るために持つ毒素です。

 

これを消す方法が(発芽玄米にする)ということで解決します。

玄米を水に浸し発芽させることでアブシジン酸がファセイン酸に変化し無害化されるそうです。

 

このとき発芽毒が水に染み出ることはないそうです。

 

じゃあ!水につけて発芽させればいいと思いますが、数日かかるため自分で発芽玄米を作るのは結構手間がかかりますし、夏場は水の腐敗が心配です。

 

発芽玄米として販売されている商品は、開封するとすぐ食べないといけませんし、価格が高い。

そして、これは本当かどうかまだきちんと調べていないのでなんともいえませんが、理にかなっているなと感じたので書きます。せっかく水につけて発芽させた玄米を乾燥させて袋詰めして販売しますが、乾燥させることでせっかくファセイン酸に無害化したものが、アブシジン酸に戻ると考えられているのです!

 

 

 

 

それで発芽玄米を簡単に炊けるNew圧力名人がお勧めだと思いました。

教えていただいたお客様に感謝です。

以前からこちらの商品は知っていたのですが、勉強不足でした。

価格は決して安くはありませんが、最近の炊飯器はとても高いそうで・・・それに比べたら決して破格ではないと判断しました。

 

私は25年もの間玄米を食べ続けています。玄米はよくかまないと意味のない食べ物なのですが、しかし今現在、私はお恥ずかしい話歯がボロボロなんですね。

血糖値が高めなのも関係しているのかもしれませんし、長年の睡眠不足も関係しているのかもしれません。よくかむということが大変になってきたこともあり、このたび酵素玄米を始めることにしました。

 

 

■New圧力名人は4時間コースと6時間コースがありますが、できればギャバの多さを考えると6時間コースをおすすめします。

 

 

なぜ酵素玄米が傷まないのか?

 

私が長年疑問に思っていたことの一つです。玄米は結構傷みやすく、夏場などはすぐネバネバし酸っぱくなりますね。だから炊いた玄米を冷凍したり、冷蔵したりして保存してきました。

 

酵素玄米は小豆か黒千石大豆などと一緒に炊きますが、この豆のアミノ酸と玄米の糖質が結びついて、メイラード反応が起こりメラノイジンが析出されます。

 

メラノイ ジンは抗菌作用が強く玄米ご飯を腐食させることなく何日も保温することができます。さらに、抗酸化作用 もあり、ビタミン・ミネラル・食物繊維・リジン・ギャバ・ PEP (アルツハイマー型認知症の一因)阻害物質 など栄養豊富なことから健康や美容に良いとされています!(New圧力名人のパンフレットより)

 

 

New圧力名人のパンフレットはこちら→

 

https://hiryu-premiumatsuryokumeijin.com/wp-content/uploads/2020/06/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%BE%8E%E5%81%A5%E6%A7%98_Premium_New_%E5%9C%A7%E5%8A%9B%E5%90%8D%E4%BA%BA_%E3%83%8F%E3%82%9A%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88_%E5%86%8D%E6%A0%A1_B%E6%A1%88.pdf

 

 

 

酵素玄米は最大4合まで炊けます。

白米も炊けます。

 

炊き上がる直前に圧力をしゅ~っと抜くので蒸気が抜けることも考慮して置き場所を考えてください。

 

酵素玄米にしてから変わったこと・・・

1,夫の便秘が改善(夫は甲状腺が悪くそのせいで悪玉コレステロールが高め・・それで心臓に負担をかけています。そして便秘がちになります。それが改善しました)

 

2.便秘でない私も便の量が増えた。

 

3.血糖値が心配な人も酵素玄米は低GIになるので嬉しい。

 

4.何しろおいしい。

 

5.いつもご飯が炊けているのはとても助かる。

 

 

« 自家製コンポスト | トップページ | グルテンフリーパンケーキミックス4種 »

お店で販売している商品のご紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自家製コンポスト | トップページ | グルテンフリーパンケーキミックス4種 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト